固定回線をやめて、UQ WiMAXにしてみた

色々あって、結局UQ WiMAXに戻ってきた、という話です。

昔から使っていたのは固定回線のBiglobeでした。

ぼくが新卒(中途)入社した会社の時は、So-netを契約していました。
安い、という理由だけで。

でも、東京に来たら事情が変わり、Biglobeの方が安いよ、と価格コムから知ることになりました。
しばらくの間はネットゲームやサーバ稼働などを行い、ネットライフを堪能していました。

しかしふと気づいた。

7年近く東京にいると、長年連れ添ったファンレスPCのサーバが壊れたり、ゲームをしなくなったなどの理由やスマホがあるからとか開発しなくなったことなどからPCを常時起動する必要がなくなっていました。
そこでWindowsのデスクトップPCからMac miniに変わり、さらにMac miniはMacbook airとの統廃合でMacbookに変わったり、していきました。

さらにスマホは、というとauのキャリア回線を使っているのですが、遊びに行ったり、通勤する時は、モバイルルーターに格安SIMのBiglobeを使っているほど回線事情が変化していました。

格安SIMのBiglobeは5Mbps出れば上出来で、普段は1〜3Mbpsです。
さらに固定回線のBiglobeはダウンロードが10Mbpsで、アップロードが60Mbpsということが常でした。
光回線なのに!!!

どうにかしたかった

格安SIMにしろ、固定回線にしろ、Biglobeは遅すぎる!と思ったぼくは、色々調べていたところ、どうやら2017年の2月からUQ WiMAX 2+は3日で3GBから3日で10GBに変えることにする話をTwitterで耳にしました。
これが幸いしたのもあり、昨年の11月ごろに発売されたWX03という機種が440MBpsの速度が出るという話も耳にし、計測してるレビューサイトなどを眺めていると、これ、今の回線よりマシじゃね?って感じるようになりました。

そして、ついに!

光の固定回線もどきであるBiglobeと格安SIMの安かろう悪かろう遅かろうのBiglobeを解約申請したのが、つい4日ほど前です。
UQ WiMAX 2+に申し込みしたのは5日ほど前です。
それなりに使用して来たのでそろそろレビューをしてみようと思いました。

WX03を使って見た感想

WX03は若干不具合があります。
休止状態にしていると突然起動し始めます。
なぜだ。原因不明なので、今度の土日に問い合わせます。

しかし、速度はというと改善されており、自宅で20Mbps〜30Mbps出るようになりました。ヒャッホウ!
しかも、固定回線と異なり、持ち運ぶことができますので、引越しを行うときも楽です。
連絡がほぼ不要になります。(引っ越したという情報書き換えは必要です)
しかも、今まで格安SIMを使っていた環境がそのままUQ WiMAX 2+回線にもなります。

ここまでは良かったのですが、地下の電波の入りが悪いこと悪いこと。
副都心線西早稲田駅、東新宿駅、他明治神宮前などを通過すると電波が届かないようです。
そのせいもあって、しばらく何もできなくなります。

通勤経路変えるために引っ越そうかな、とかちょっと思っちゃいますけど、それはまたお金が溜まってからの話です。

結局、良かったのか

UQ WiMAX 2+のギガ放題を契約し、まだ3日で3GB制限はありますが、困っていません。
ノートPCはほとんど起動していませんし、テレビがあるのですが、テレビは地上波から勝手にデータをダウンロードしてくるそうですし、あえて困ることがあるとすれば、Apple TVを見る時は気をつけよう、というぐらいです。
他、常時通信するようなアプリ(PC,スマホ問わず)気をつけましょう、というぐらいです。

まあ、会社にいることもあって、ほとんど回線使ってないんですけどね。

ということで最近の近況報告でした。
思い切って変えて見たけど、やっぱり1日に1GBも使ってないですね。
ギリギリ800MBとかですけど、昨日は200MBでした。
日によって違うのは、PC使ったり、色々試してたりしたからで、これから本格的に活用していきます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。