色々思い悩んでいたこととか

今の会社で考えていたこと

アプリ開発エンジニアが向いてない、とわかってから1年近く経ちます。
色々課題があり、色々な人から問題提起いただき、それらをゆっくりとかつ迅速に解決していく日々を送っています。
でも、正直、時々なんでこっちから色々聞いて回ってるんだろう、と感じることがあるんです。

これが一番の悩みのタネでした。

普通でしたら、経緯や背景とか説明するんです。

「これこれこうしたいんですけど、こういう事情があってこういうことできませんか?」

これが問題に対する基本的なテンプレートだと思います。

よく言われるのが、こういう説明になります。

「これがしたいんでこれしてください。」

正直、この説明量だけで、なぜそれがしたいのか、ってわからないと感じませんか?
ぼくは少なくとも感じます。
聞き返すわけですが、二度手間三度手間です。

導き出した結論

もしかして、みんな説明が下手なのか?

それともぼくがおかしいのか?
最初に入社した会社ではしたいことを言え、と言われ、そのあとに疑問があれば聞くから、と言われていました。
でも、実際、会話する上であまりにも突拍子のないことって言われると答えが逸れてしまうから困ると思うんですよね。
つまり、説明する側にはある程度、説明する責任が生じてると思ってます。

言ってることおかしいですかね?

こんな問題が起きました

依頼ケース1.

VPNを2つ繋いで、どっちにも繋がるようにしたいです。

正直、この依頼を聞いたときは、普通一般的にVPNは片方しか繋がらないものだと思ってます。
なぜならIPアドレスは一つしかなく、多段的なVPNはルーティング情報によっては通らないからです。
というか、そういうことであれば、拠点間VPNを敷いて、2つのVPNを結んだ方がいいんじゃないの?と思えたりもしますね。
いや、この時点で背景が全くわからないので、通常二つは使えない(使えてもどこかで弊害が出る)、が正解だと思います。
iPhoneなんかでも選択できるVPNは一つになってますからねぇ…。
どういう挙動になっても知らないよ?という話です。

結論的に背景をまとめると、お客様のゲストネット環境が外への接続に制限が設けられており、内部ネットワークにも制限されている状態だそうです。
そして、お客様の内部に接続するためには、VPN接続ソフトを使った接続が必要なんだそうな。
ただそれは内部向けに用意されているわけで、外向きの制限はかかったままのため、迂回路が欲しい、というのが今回の要望だったようです。

こう書かれるとスッキリ理解できませんか?

ぼくはこの説明で、あーなるほどね、ってなりました。
やりたいことが優先して書かれているわけではないものの、状況説明もスッキリしていて、どういう風にすればいいかがわかると思います。

依頼ケース2.

環境が悪いので自分でなんとかしちゃいました。

これはちょっと違うケースの話ですけれども、この話も説明をきちんと行なっていれば問題ないかな、と思っている話です。
この話を受けた時に、似たようなことをしていたことを思い出したんですが、つまり自己の力で解決したパターンです。
ぼくの場合は、会社に力がなさすぎてどうしようもなく、いつになっても成長しないから辞めたんですけど。
ただ、もとの話は本当によろしくない話の一方で、解決することは説明をきちんと行えば解決は簡単な話です。

まずそもそもの話をしますと、この話の場合、環境は情シスで用意するわけです。
なので、一言ご相談いただければ環境を用意して、用意したサーバと既存のサーバで接続するようになればいいわけです。
しかし、自分で用意して、不要なサーバが出てきて、周囲からすると何でこんな不毛なことしてるの?という話になったケースです。

そもそもの発端は、お客様の制限が厳しすぎて要望が通らないとか、想定外でサーバが必要になったにもかかわらず、説明を怠った結果だと思います。
これも同じで事情や背景を説明すれば納得できる話なんですけどね。

結論として

なんでみんな怠るんだろうっていうのが、正直、今の会社では感じるのですが、これ、どこに言えばいいのかわからないので、ブログという形式でまとめて、「うん、君たち、背景説明足りてないよ?」と言いたいので残しておくことにしました。

そして、今後はどういう理由であれ、事情や背景説明が行われていないのであれば、正しい答えがどこなのかはわからない、という主張を自分自身にも込めて、まとめておこうと思った次第です。

うーん、会社の目標にもあるんですけど、背景や事情はグローバルコミュニケーションとして、説明しましょうって。
どれぐらいの人が満たせているのか非常に気になるんですよねぇ。
ぼくの悩んでいるところは、そういう部分です。

どこかで話せる機会を設けてもらえたら嬉しいけど、どこにも話せる場所がないので仕方ないのかなぁ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。