すこぶる体調が悪く。取りとめのない話。

現在の状況など

どうにもこうにも歳のせいなのか気温や気圧が変わったからなのか、やる気が出なかったり、どことなく元気がなかったりしてます。
「医師からも食欲はあるか?」と問われ、あるようなないような…という曖昧な返事。
そんな中久しぶりに記事を書いてみようと思ったのは、最近の近況をまとめてみたら、ちょっとマシになったりしないだろうか、という発想からです。

具体的に何があったのか

とにかく無気力状態にある、このままでいいのか?と思うものの自分の知能では高みは目指せない(本当は自社アプリ作ったり、インフラ屋として頑張りたい)、寝ようと必死になるも夜中に突然起きる、逆に薬の効果で寝すぎると、自分のコントロールがまるでなってないっていうことが現状です。

無気力状態にある

全身の力がとにかくはいらない状態です。
前に進もうと物理的に歩くのですが、どこか肉体の反応が遅く、前に進んでる感じがありません。
ので、トボトボと歩くわけですが、出勤時刻からすると相当早いので多少乗り遅れても平気だったりします。
ただ乗り遅れると超混雑の電車で通勤することになるので、最後の土壇場でなんとか力を振り絞って走ってます。
なぜ、こんな状態になったんだろう…。
これはここ2、3日の話ですが、ちょっとずつ体調が回復して動けるようになってきました。

このままでいいのか?

よくはないんですよね。やれるようになりたいことがあるのに、ぼくには記憶する力しかない。
覚えることしかできないので、力の使い方をわかってないんです。
これがうまく働かず、今の「このままでいいのか?」という状況を産んでます。
これは社会人になってからずっと思ってる話です。
とある人からも、「現状満足するやつなんていないよ」という一言が脳裏に焼き付いており、自分自身もそうかもな、と考えると、堂々巡りになってます。
欲を言えば、自社内製でアプリを作って運用してる会社に入りたいなーって思うんですけど、そんな会社ってないのかなぁ、という現状も突き付けられてたりします。

睡眠に関して

寝ることを欠くと、脳内がざわざわして、とても落ち着かない状態になります。
薬を飲まずに寝た場合、3時間後には目が覚め、そのあと、寝直したり、起きたりを繰り返します。
そして、明朝にはざわざわざわざわ……。
薬を飲んだ場合、たまに起きることがありますけど、一応、7時間近くはなんとか寝れてます。
重度の不眠症に近いのかなぁとは思ってます。

今週の火曜日は仕事で遅くなり、帰宅したのも22:00。
すぐに寝ようと思い、寝る支度を終えた23:30に薬を飲むと、翌朝起きれたのですが、睡魔に負けて、午前休することに。
昨日、働いたんだからまぁいいかな、と。

34歳になって思うこと

いろんな人がいて、言ってることを聞いてくれない人、理解しない人、見てても知らん顔する人、言った話に反応してくれる人、ちゃんとやってくれる人などいろいろな反応があるな、と思いました。
ちゃんとやってくれる人はいいけど、やらない人はもうどうしようもねーな、と思ったりし始めて、昔ならそのことでイライラもしたんだろうなぁと思ってます。
年老いて、ちょっと緩慢になってるのか、だらしなくなってるのか…。

総まとめ

他にも書きたいことが山ほどあるので、次回のネタに持ち越したいと思います。
ブラウザ周りでこんな使い方してるよとか、これ便利だよとか。
また個人的にアプリ開発してみようかなぁ。
Swift界隈も落ち着いてきたようですし、学ぶには最適な環境になりつつありますし。
AWSでインフラも扱えるからサーバ連携したサービスを作ることも不可能じゃないはずー。

もそもそと仕事を始めますか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。