FirefoxでU2Fを利用するためには

FirefoxでU2Fを利用する方法

U2Fとは

ハードウェアによる2FA認証です。
これが結構クセになって、良い感じにはまってます。
利用用途はGoogleとかDropboxとかハードウェアによる認証に対応しているサービスなら何でも利用できます。

Chromeは標準で対応しているため設定変更は不要でした。
Firefoxはっていうと、設定変更が必要でした。

Firefoxでの設定方法

  1. Firefoxブラウザのバージョンを最新にします。
  2. ブラウザのアドレスバーにabout:configと入れます。
  3. 警告が出ますが、作業を続けます。
  4. 検索ボックスの中に u2f と入れます。
  5. 表示された security.webauth.u2f が出てきますので、falseからtrueに切り替えます。

感想

Chromeしか対応してないのか、イケてねーな!とか思ってたぼくがばかでした。
普通にググったらU2Fに対応してました。
試したところ、パスワード認証後にスルッとログインできましたので嬉しかったです。
Firefoxのアドオンにzcashとrippleのwallet操作するアドオンがあれば良いのですが、今のところないらしく、そこだけchromeを使うことになりそうです。 とはいえ、アプリの2FAってめんどかったので正直この機能は嬉しいです。
社内で利用してるハードウェアトークンも全部これにしてしまえば楽なのになーとか思ったり思わなかったり。
まあ、AWSは数字認証好きっぽいからじゃらじゃらと持つことになるんだろうなぁ…。(最近AWSアカウントが大量にあるため牢屋の鍵っぽいと思ってきてます。)

カテゴリー: Text

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。