2019年、年末のご挨拶

2019年、年の瀬になって参りました。
カシマアキラです。

年内は非常に忙しく、ブログ更新している暇があれば仕事するか遊ぶか食べるか寝るかのどれかでした。
月毎のダイジェストで振り返ろうかと思っていましたが、あまりの忙しさに内容を忘れてる部分もあり、今回は月毎のダイジェストでの振り返りを諦めることにしました。
年内もぼく一人でいろんな案件に関わるのかなぁと考えていたところに二人の仲間が増え、とても助かったのが年内に一番嬉しかったことです。

特に年始の3ヶ月から6ヶ月ぐらいは二つの構築案件の話が被さり、

「これPMがスケジュール調整を完全にミスったやつだな」

というのもあり、

「手伝うよ!」

と言っていた別のメンバーは同じように打ち合わせをしていたにも関わらず、助かった面があったのかわからなかったあたり、手伝うと言ってくれる言葉は嬉しい反面、信用できる話ではないんだな、と察しました。
その後以降はもう手伝うの言葉が信用ならないのであてにしなくなりましたけど。
ただ自分自身がそうなってはならない反面、そうなってしまう部分はあるな、と感じました。
なのでバックアップ体制ってものの重要性がよくわかる一年だったように思います。

7ヶ月目あたりからいろんな案件からの依頼があってもう本当に記憶がありません(笑)
多分8月か9月ぐらいにメンバーが増えて、一人は知識がないわけではないけど、サポートが必要そう、というのは感じていたので、そこそこにサポートしつつ、もう一人の方は元々の会社でもSREとして動けるほどの実力がありそうだったのでお任せすることにしました。
レビューなどはしつつ、自分も案件の対応があるので、すぐ見れる時は即行動し、どうしても見れない時だけサーバサイドの人を頼る姿勢になったなぁという感じでした。

今年は何に挑戦したのかわからないぐらい目の前の仕事をひたすらこなしたなぁ…。
前はもうちょっと何かを試す余裕あったはずなんですけどね。

でも、最大の幸福が一つあります。
仕事がら座りっぱなしである仕事なのですが、整骨院への通院が概ね終わりました。
今は骨の矯正と日頃の疲れを取ることだけでよくなりました。
インナーマッスルを毎週毎週、電気で無理やり動かして鍛えること一年が過ぎ、10月の半ばにはLv30まである楽トレのうち、Lv4かLv5ぐらいでインナーマッスルが動くぐらいにまでになり、整骨院の方から動いてるからOKというお墨付きをもらいました。
ただ普段からの姿勢は気をつけてもどうしても体がすげー歪むんだなぁというのを教わりました。
ちょっとしたバランスの悪い姿勢で腰やら肩や首周りが歪んでいくので、変な姿勢を取るクセができてしまってる方は将来お気をつけください。

インナーマッスルを鍛え上がった頃、ちょっと体調崩してるかもなぁっていうことはあっても、すぐ治ったように思います。
大体は扁桃腺が荒れてそこから風邪を引くのですが、扁桃腺が荒れそうになっても発熱や頭痛、鼻水などの風邪の諸症状は一切出ず。
免疫力が相当向上したんだなぁと感じ取れ、大事な時に体調を崩して休む、ということがなくなったのはとてもよく、幸福な1年だったと言えると思います。
しかしながらいくらインナーマッスルを鍛えていてもこの時期は免疫力が弱る時は弱るんだなぁというのは一部の症状で体感したりもしました。
すぐにどれも症状を治したので何ともないですが(笑)

PUBGも毎回フレンドに協力してもらったことのおかげで毎シーズンエースになれてます。
今シーズンのシーズン10は今ソロで頑張っているのですが、実は最初はスクアッドをやっていくつもりでした。
ただ毎回スクアッドでエースになれているのですが、これはフレンドのおかげな部分が強いな、と感じ、果たして今のぼくはどれぐらいの実力があり、キャラコンにどれだけ自信があるのだろうか、というのが途中で知りたくなりました。
今クラウン3ですがここから上がらず、クソが!なんて思ってます。
後209ぐらいでいいはずなのですが、なかなかしんどいですね。。。
なんせドン勝取れても10から20ぐらいしか上がらず、最低でも全部ドン勝を取って10回。
負けが込めばその分下がったりもするのでだんだん厳しくなります。
挙げ句の果てに芋って伏せるプレイヤーがいて悪趣味極まりねぇ!

最近知ったのですが、ガチプレイヤーと何人か出会すようになり、名前を覚え始めました。
この人たち普通にうまいから戦いたくねー!!
そんなうまいプレイヤーを見るとキャラコン含め、どう攻めるかどう敵をいなすかっていう部分がまだまだなんだなぁと理解しました。
他にも放っておけば良い敵とか。タイミングによるんですけど、なかなか難しいですね。
今日あったのは板挟み状態で先に仕留めるべき相手を誤ったりとか。

こういうのは常に後から思い返せばわかる部分もあるのですが、リアルタイムでの状況判断というのは本当に難しいものだな、と痛感します。
今シーズンはなんとかエース帯にだけでもなれるよう頑張ります。

さてだいぶ書いている中でだいぶ時間が迫ってきましたので、そろそろここらで年末のご挨拶を締めたいと思います。
皆様、新年まで後少しの時間になりましたが、良いお年を。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。