この数日、Obsidianを使ってみている

使い方はそんなに難しく考えず、ただの日記帳として使っている
技術屋なので、技術ネタなんかを載せて一つのworkspaceとして保管しており、見返しやすくなっている
カシマです

名前をどこで書こうか悩んだ。
それはともかく、今回はObsidianネタを書こうと決めました。

何が良いのか?

まずは手軽に日記をメモできることだと思います。
しかもテンプレが作れるのでダブルクリックするだけでテンプレ吐き出ししてくれます。
テンプレ挿入なんかも可能なのでテンプレ考えるの大好き!って人には向いてると思います。

ぼくはそんなにテンプレは使ってません。
日記だけだとあんまり書くネタがないんですけど、ひたすらメモをするのに良いと言うお話だそうです。

markdown形式なのでと言うか、markdownに使いやすい候補表示があったり自動入力があったり、Obsidian謹製プラグインからサードパーティプラグイン、デザイン変更までできると言う。
お気に入りはgraphですけど。とりあえず文字で書いてても伝わらないので見ていただいた方が早そうですね。

ざざっと貼るとこんな感じですが、ただのマークダウンからconfやshellなどボイレコなんかもできるので、会議のメモに使えたり、graphでファイルの相関関係が見れたり、タグを何件使っているか日時でそのタグをいつ使ったか、markdownの中身を表示させたり、正規表現で検索したりなど、手軽にさっと書くのに適してると言う感じです。

なるべくこっちにネガティブなネタも技術のネタや外だししづらいネタを吐き出してブログやツイッターは何もないよって風に持っていきたい。
閑話休題。

んで、ここまで書いて結局便利さがわからん、と言うところだと思うのですが、将来的にiOS端末と同期できるようになるっぽいです。
そもそも同期という意味で自前で同期をかけるんですよね。
Dropboxなり好きなファイルサーバを選定し、rcloneなどのツールでファイルとして吐かれているmarkdownのワークスペースフォルダを丸ごと保管したい場所におけばOKです。
設定なども以下のフォルダに全てまるっと入ってますので可搬性も抜群です。

pluginなども全部込み込みなので仮にパソコンがぶっ壊れても同期さえ取れていれば紛失するデータはその日1日分書いたデータが飛ぶぐらいです。
リアルタイムで同期しているので仮にDropboxやBoxみたいなサービスに保存しても結局のところそれほど支障は出ないのかと思います。

iOS版がどうなるかだなぁ

まとめ?

最近良いサービスに出会ってるので課金したいけどもうしばらく我慢…。
Obisidian然りMoneyforward然りNextDNS然りProtonシリーズ然りEndel然り…endelはちょっとまさかアカウント変えたら課金が無効だとは思わなくて痛手を被ったけど…開発費にしてもらえるなら良いかな…。
それらとは話が逸れるけどDropboxやめてProtonDriveに移行しようかな。
先日iOSのベータ版が届きまして、無事にテストフライヤーになりました。

バグ報告してねぇ……。
あ、多分Obisidianは使い方次第ですが、Todoとしても使えるんじゃないでしょうか。
良いと思います!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。