2021年4月の運用資産状況

4月が終わりますので資産状況をまとめてみました。
もともと表を直したいなーと考えていましたので表をまた改めてみました。
多分これで今後変えていかない予定です。

カシマです。

何がどう変わったかは以下の表を見ていただければと思いますが、2020年4月末基準で各積立先にどんな変化が起きてるかがわかるようにしました。
ただ今月分以前の運用収益をそれぞれ出そうと思いましたが、ちょっと使ってる証券口座側が運用収益計算できないことに気づき、今月から出していきますが、合算値で出していこうと思っています。
理由は当初週500円ずつの積み立てのつもりでしたが、途中から週1000円に切り替えちゃったんですよね。
それで運用収益が出しづらくなったのとそもそも合算で出てるので諦めました。

その結果がこうなりました。

 合計つみたてバランスファンドS&P500と全世界株式(オールカントリー)
2021年4月末1,005,614円
2021年4月末との差益:+61,645円
726,182円
(運用収益:+96,182円)
279,432円
(運用収益:+60,862円)
2021年3月末943,969円
2021年2月末との差益:+90,869円
691,631円
(運用収益:+91,631円)
252,338円
(運用収益不明)
2021年2月末853,100円
2020年4月末との差益:+576,783円
63,4514円
(運用収益:+64,514円)
218,586円
(運用収益不明)
2020年4月末
276,317円249,423円
(運用収益:-20,577円)
26,894円
(運用収益不明)

グラフをいつも載せてますが、グラフにするとこんな感じです。


見ていただくとわかるのですが、実はぼくが当初投資してた積み立てNISAは銀行のファンドのバランスファンドなのですが、コロナでマイナスを喰らってました(笑)
テコ入れも含めて証券会社のS&P500と全世界株式(オールカントリー)もしくは全世界株式(オールカントリー日本除く)が良いという話もあり追加したわけです。
その甲斐もあり今月で100万円達成となりました。

ここで途中だいぶ後悔があるのですが、実はS&P500vs全世界株式(オールカントリー)もしくは全世界株式(オールカントリー日本除く)では差がそれほどないのですね。
なので個人的にはS&P500のみでよかったんだなとちょっと後悔があるのですが、ただ細かく見ていくと全く同じというわけでもなく、時々全世界株式(オールカントリー)の方が良い場合もあるようでS&P500が伸び悩むときに全世界株式(オールカントリー)が伸びる場合がある、ということがあるようです。

どのファンドもそうですが、目論見書を読むとわかるのですが、細かく見ていくとファンドの購入している株が微妙に違うわけですね。
なので、どっちがいいというのは実は一概に言えないのだとわかりました。
ぼくはS&P500に絞った方が良かったと思うんですけど、現状もう進めてしまってるので、このまま突き進もうと思っています。

新規に買う予定の方は(S&P500かどうかに関わらず)1本に絞られた方が良いとは思いますが、テコ入れで別の物を買うというのは選択肢としてありだと思います。

全体的な感じとしては、先月と今月を見た時に先々月の方がやたら伸びてて、今月はそこまで伸びてないんだなっていうのがあるのですが、これは今月はそんなに伸びる要素がなかったので、こういう結果になったのだろうと思いました。
多分しばらくはこのままそんなに伸びずにちょっと下がったりしながら運用収益は増えるかどうかってところなのでしょうね。
理由は今の日本のコロナも芳しくないので、バランスファンドは伸び悩むと思います。
S&P500などの海外株式を中心としているものは割とコロナが落ち着きつつある部分があるので、もしかしたらテクノロジー銘柄以外が復活して伸びてくるんじゃないかなぁ?ぐらいな感じで考えてます。

素人ながらに昨今の情勢で考えた結果ですけどねーーーー。。。。
なんか米国金利がどうのこうのって話があるので、その辺も要注目ですね。

以上で終わります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。